くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

クオリティ オブ ライフ を目指して

こんにちは

 

熊野です。

 

今日は個人的に嬉しかった事を書こうと思います!

 

以前腰痛で整骨院に来ていただいておりますクライアントさんより、家での動きが鈍くなってきたというお話を聞きました。

 

以前にも書きましたが、何もしなければどうしても年齢を重ねると共に筋肉量は減って行きます。

 

さらに運動を今までした事がなく、筋肉も少なく体重も軽い、さらに骨粗鬆症もあるとのことで、お医者さんからはこけたらダメと言われているので、なお動く事が怖いと言っておられました。

 

はじめトレーニングを勧めたのですが、やはり怖さが勝つためやった方がいいのはわかっているけど、なかなか踏み切れないようでした。

 

しかし話をしていく中で、少しずつ怖さも取れトレーニングを始める決意をして頂きスタートして頂く事になりました。

 

トレーニングは辛い、怖いなど思われていますが、それを乗り越えていただいた時に日常の生活動作がいつもより楽になります。

 

日常生活が楽になると気持ちも前向きになり、自分の足でどこかへ行ったり、友人とお茶に出掛けたりなどもできるようになります。

 

高い場所にあった荷物を取るようにできるようになります。

 

そしてどんどん生活の質が良くなります。

 

今日トレーニングを始めて頂いた方にも、あの時に始めて良かったと言っていただける為に、そして幸せな生活を送って頂けるようにさらに気を引き締めて日頃の業務に取り組んで行かなければならないと改めて感じた日になりました!