くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

プロ野球トライアウトに見えた時代変化

國見です。

先日、「戦力外」になったプロ野球選手が再就職先を探す為のトライアウトが行われました。

近年では、TVでもドキュメンタリー番組を放送していることもあり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

再就職先を見つける為のイベント言っても、その現実は厳しいもので、再びプロのユニフォームに袖を通せるのは、

毎年ごく一握りですね。

戦力外選手が野球に関われるセカンドキャリアの為に、トライアウトが行われる球場のバックネット裏には毎年のように、NPB各球団(日本のプロ野球)の関係者や独立リーグの監督、社長、GM、さらには社会人野球の関係者などが、ずらっと顔を並べるようですが、近年ではどうもそれだけはないようです。

トライアウトが行われる、球場の外でビジネスマンが選手たちを待ち構えているというのです。

そのビジネスマンとは民間企業の経営者や採用担当者で、プロ野球選手のネットワークやこれまでの経験に期待して「即戦力」として、採用したい訳です。

これはプロ野球界が「選手教育」に力を注いでいる証でしょう。言い換えれば、やっと世間に追いついてきたのでしょう。

プロ野球選手と言えば、花形の職業であるものの野球しか知らないがゆえに、不祥事が後を絶たない、そんなイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

しかし近年のコンプライアンスに対する世間の高い意識に、セカンドキャリアを考えた「選手教育」をせざるを得ない訳です。

私はこの実情、大変良いと思いましたね。

プロ野球選手だったからと言って、野球に関われるセカンドキャリアが約束された訳でないですし、大スター選手になれたとしても、社会人としての常識などが欠如していたら引退してからの道は限られてしまうでしょう。

そもそもプロ野球選手も社会人。仕事が野球なだけなのです。

昔はよかったかもしれませんが、今は野球だけしてればいい、そんな時代では無くなったという事ですね。

プロ野球界が起こした「パラダイムシフト」に私は時代の変化を感じた次第です。

ではまた明日。