くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

組織づくりを考える。

國見です。

 

今日はプロスポーツ業界からの1コマを記していこうと思います。

 

読売巨人軍は、今季も成績不振もあり、高橋由伸監督は解任。来季からは原辰徳氏が再び指揮を執ることが確定しています。

 

さらに現在行われているストーブリーグ(選手の移籍獲得合戦)では、相変わらずの大補強を繰り返していますね。

 

それを見て正直、私は長期的に強い組織を作っていきたい行動だとは思えませんでしたね。

 

プロ野球の世界では、世代交代は避けられないものだし、若手を起用しながら育成していかなければ、長期的に強い組織は作れないでしょう。

 

それは反して、巨人の獲得した選手は世代交代を止めてしまうような獲得だと思います。(興味のある方は調べてください)

 

勝利至上主義も良いと思いますが、目先ばかりしか見ていないのでは?と感じますね。

 

短期的に強い組織は、いくらでもあるでしょうが、本当にいい組織は、長期的に結果を出す事ができる組織ではないでしょうか?

 

そのような長期的に強い組織づくりを目指していなかければ、組織自体が自転車操業のようになってしまうような気がしますね。

 

そうなれば、組織が崩壊していくのは目に見えているし、結果は出ないでしょう。

 

我々に置き換えてもそれは言えることだし、巨人のストーブリーグを見ていて、改めて再確認することができましたね。

 

ではまた明日。