くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

時間を割いてでも真剣に考えるべきこと

國見です。


今日は火曜日ということもあり、店舗に出勤し毎週恒例の週次会議を行いました。

いつも通り、営業施策等の進捗の確認をいつも通り行った後、今日は時間を割いて「イベントスケジュール」の確認を行いました。

当社ではパーソナルトレーニングのお客様向けのイベントはすでに行っていますが、来年4月には2年目を迎えるにあたり、そろそろもう少しイベント数を増やしていこうという考えのもと、次年度に行うイベントスケジュールを確認した次第ですね。

「イベント」を重要視するのには、それなりの理由があります。

たくさん理由はありますがその中でも、最大の目的はお客様との接点を増やすことです。くま整骨院・くまジムは完全予約制の店舗スタイルであるが故にお客様との接点はご予約頂いている時間のみに制限されてしまいます。

整骨院施術なら30分。パーソナルトレーニングでも最大60分の時間のみしか共有できない訳です。その時間だけではお客様との接点は不十分だという考えです。

この考えの根底には「店舗がコミュニティの場でありたい」という思いがありますね。

くま整骨院・くまジムには多くのお客様に足を運んで頂いています。しかし完全予約制があるが故に、現在は我々との接点が少ないだけでなく、お客様同士の交流も残念ながらありません。営業スタイルが完全予約制なのだから仕方ないと言えばそれまでかもしれませんが、この現状は私にとっては寂しく感じるのです。

もちろん店舗の意義はお客様の身体をより良くすることなのですが、人と人が交わる場でもあるのに、それだけではなにか寂しいということです。

だからと言って安易なイベントではダメな訳だし、お客様の立場に立ってお客様に「参加してよかった」「通っていてよかった」と喜んで頂けるイベントを真剣に具現化する為にイベント掛かるお金の話もイベント内容も真剣に会議内で徹底的に掘り下げて議論しています。

今後もイベント開催に向けて、時間を割き議論を続け、一つでもお客様に喜んで頂けるイベントが開催できるように尽力していく次第です。

ではまた明日。