くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

努力は裏切らない?

こんにちは

 

今日は努力について思うことを書こうと思います。

 

まず努力をして結果を出すということですが、大きく2つのパターンがあると思っています。

 

まず一つ目は自分だけのスキルを上げれば必ず成果につながること。

 

代表例は今の日本の勉強にあると思います。

 

言い換えれば、必ず答えがある事柄についてです。

 

私は整骨院を運営している以上柔道整復師の国家資格を取得しているわけですが、受験勉強の時に特に強く感じたのですが、問題には答えが決まっているので、それに対する事柄を暗記すれば点は取れるし結果に繋がるということです。

 

勉強して答えを覚えることで成績は上がります。

 

それは大変なことなのかも分かりませんが、自分自身が諦めず頑張れば結果が必ず出ます。

 

そういった面では努力は裏切らないという事です。

 

しかし厄介なのはもう一つのパターンだと思っています。

 

代表例はスポーツです。

 

相手がいるという事と、他の人が評価する事柄です。

 

毎日努力して練習をしっかりやっても必ず結果に繋がるとは言い切れません、相手がいる以上、相手も勝ちたいと思い勝負に挑みます。

 

また、審査員が審査する競技などでも同じで、自分だけが頑張っても必ず結果に繋がるとは言えないと思います。

 

ここに関しては努力は裏切らないは通用しない世界だと思います。

 

少しネガティブな話かと思いますが、それなら努力しなくてもいいじゃないかと思ったら大間違いです。

 

大切なことは、結果を残せている人、成功している人は必ずと言っていいほど、努力をしています。

 

ここが大切なポイントです。

 

努力をしなければスタートラインに立てないという事だと思います。

 

そして次に大切なことは努力が当たり前になる事だと思ってしますし、努力しているということは自分で思うのではなく、周りの人が決めるという事です。

 

周りの人が努力していると認めてこそ努力になります。

 

私もまだまだ足りていないと思う節がたくさんありますので、しっかりとやっていかなければならないと思う今日この頃です!