くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

2018年最後の

國見です。


今日は今年最後の店舗出勤で、2018年最後の週次会議を行いました。

週次会議では各営業施策の確認の他、2018年の総括と2019年の流れの確認を行った次第ですね。

2018年4月のオープンより約8か月、はやくも年末を迎えるわけですが、たくさんお客様にご来店いただき嬉しい限りです。

一方で会社全体に目を向けると、身の丈ながらに売上は大幅に伸びましたし、熊野さんのビジネスマンとしての成長幅も大きく、初年度としては収穫の多い一年になったような気がします。

しかしながら、まだまだ望むべき姿には程遠いわけです。

それは会社として企業文化を確立しなければ、良いチームはできないし、そうするといずれ現場は弱いものになっていく事を私の信念としているからですね。

ですから、今日の週次会議でも成長したポイントに対してよりも、今後の課題に対しての時間に時間を割いたことは言うまでもありません。

まずこの価値観は当社としては最低限ですからね。

成長したポイントに一喜一憂しているようでは、今後の成長幅は自ずと小さくなってしまいます。

無論、いまから個人の成長幅を小さくしていたのでは、これからチームを作っていくことは困難となってしまうし、会社として所帯を大きくしていく事など、夢のまた夢となってしまいます。

そういったことが浸透してまうと、残念ですが現場のクオリティも下がってしまうことは明らかだし、経営をするにしてもマイナスしかありません。

そうならない為にも、日頃からの様々な課題を意識することはマストだし、常にそれを追求する環境であり続ける事が大切だと考えています。

そんな事を確実に積み重ねる事で、いつの日か強く良いチームが作れるものだと信じています。

ではまた明日。