くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

野球の指導現場に警鐘

國見です。



横浜DeNAベイスターズ所属で野球日本代表でもある、筒香選手がアマチュア指導者に警鐘を鳴らしているという記事がありました。

これは拍手喝采。

こうした現役トップクラスの選手が提言をすることは非常に意味のあるものだと思いますね。

まあ聞き手が聞く耳を持ち、正しく内容を理解すればの話ですが。

筒香選手の提言は以下の通り。

「子供の選手寿命を短くしているのは大人の責任」とし「自分の経験だけに頼り、思考がアップデートされていない」とも提言した。

これはド正論ですね。

私も野球畑出身なので、よく理解できますが、野球は「古き良きもの」に捉われ、指導者の指導は自身の経験によるものが多いのが事実。

時代が変われば、当然指導も変わるのが当たり前ですが、そうした当たり前が現場で行われていないということです。

またそうした指導現場で、勝利至上主義がはびこる現状にも筒香選手は苦言を呈していますね。

勝つことはもちろん大切ではありますが、それよりも野球の楽しさを伝える為の指導であってほしいと思います。

グラウンドで暴言や罵声が聞こえるのは、指導ではないですからね。

指導者である以上、自分自身を学び、常に知識を増やす、アップデートする。

そうした指導者の変化が顕著に現れなければ、子供たちの野球離れはさらに加速しそうな気がします。

ではまた明日。