くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

いい天気

こんにちは

 

今日の富田林はとてもいい天気で、気持ちが良いですね!

 

こんな晴れの日にはいつもより元気になり気持ちも清々しいですよね。

 

なぜ天気がいい日には元気になり、天気が悪い日には身体がだるくなるのか不思議に思ったことはありませんか?

 

この仕組みを簡単に説明します。

 

まず天気が良い日は高気圧、天気が悪い日は低気圧になっています。

 

これはニュースなどの天気予報で聞いた事があると思います。

 

 

人の呼吸は肺によって行われますが、肺から全身には血液にのって酸素が運ばれます。

 

肺から血液に酸素が入るのは拡散という作用はよって行われるのですが、この拡散は圧力によって左右されます。

 

天気が良い日の高気圧時には圧力が高い分より多くの酸素が血液に入り込む事が出来ます。

 

その為、酸素が身体中をめぐり元気になるというわけです。

 

低気圧の日はこの逆が言えます。

 

これだけで全て健康は語れないですが、一つの要因として考える事ができます。

 

まだまだ健康や、人の身体については分からない事だらけにはなりますが、少しずつ解明されてきているのでわかっておくだけでも、その日の対策などを立てる事が出来ますし、そうなるとその日の過ごし方が変わると思います。

 

それではまた明日