くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

根拠

熊野です

 

何か事をしようと思うと、それには過程と結果がついて来ます。

 

スポーツで言えば、良い結果、悪い結果が出るときは必ず理由があります。

 

スポーツ選手においては感覚でやっている選手も多く、結果が出ている場合もありますが。

 

あのイチロー選手はヒットを打ったことに対してなぜ打てたかを説明できると言っていました。

 

これだけ理論があり、根拠があるのですね。

 

根拠があるから継続して、成績を残せるのだと思います。

 

これはビジネスにも同じ事が言えると、教わっています。

 

根拠があると言うことは現状をしっかり把握出来ている証拠です。

 

それがあるからこそ成長する会社ができるのだという事です。

 

当たり前のように感じられますが、まだまだ足りない部分が多く少しずつではありますが、根拠を持てるよう、取り組んで行きます。