くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

リーダー

こんにちは

 

熊野です

 

野球チームや、仕事においてもキャプテン・リーダーがいます。

 

私も沢山のチームを経験した中で、それぞれキャプテンがいましたし、僕自身もキャプテンを経験した事があります。

 

自身のキャプテンはそれはひどいもので今思うと寒気がします。

 

その話は置いといて、キャプテンはリーダーシップを持たなければいけません。

 

またチームをまとめるとなるとマネジメントもできなければいけないのです。

 

7つの習慣という本の中ではリーダーシップは望む結果であり、マネジメントは手段になるとあります。

 

リーダーシップは正しく道を示し、マネジメントは能率良く進むという事です。

 

私も含めて、大学や、専門学校の経営で学んだ知識というのは少し頼りなく、また柔整業界全体を見渡してもこのマネジメントにおいて欠落している部分が多く感じられます。

 

しかし良い企業や、良い治療院を目指していく上では必ず必要になる部分であり疎かに出来ません。

 

私もまだまだ学び途中ではありますが、必ず必要になるリーダーシップ、マネジメントはしっかりと学ばなければならない項目であると確信しています。

 

経営学なんて、なんとかなると思っている治療家の皆さん、それは絶対に間違っています。

 

たしかに偶発的に来院や売り上げが伸びたとしてもそれは長く続きません!

 

スポーツチームであっても作戦会議をします。それはデータや、理論に基づいて作戦を立てそして勝つために策を練ります。

 

そしてそこで決まった策を実践して行くのです。

 

仕事も同じです。

 

なんとなくやっていてはそこで負けてしまうので、勝ち続ける為にも学びを止めず進む事が大切になると感じております。

 

そしてそれが来て頂く方の満足につながると信じております。