くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

日本と世界の差

國見です。



昨日、一昨日と高校野球に関する話をしていますが、今日もその続きです。

連日、球数制限の話をしていますが、こうした「プレイヤーズファースト」が疎かにされている国は日本ぐらいなようです。

日本の野球技術はWBCでも優勝するなど、確実に世界トップクラスといえるでしょう。

しかしながらこうした内容では、確実に世界に送れをとってしまっているのも現実です。

日本は「古き良き文化」を大切にしようとします。

これは悪いことではありませんが、日本の外に目を向けることも必要です。

世界から遅れをとっている理由の1つだと思います。

現に世界ではリーグ戦が主流の中、1回負ければ即終了のトーナメント制を主流にしている国は残念ながら日本のみです。

当然、今回テーマにしている「球数制限」も世界では当然のように定められています。

つまり「プレイヤーズファースト」の流れはすでにできており、日本がそれに完全に乗り遅れているのです。

こうした観点に指導者や高野連のお偉い方々が気づかなければ、日本の学生野球は世界から離される一方です。

せっかく勇気を出して新潟県高野連が改革の1歩を踏み出そうとしたのに、「待った」をかけている場合じゃないんじゃないですか?って事ですよ。

今こそ、視点を思考を行動を変えるべきなのではないでしょうか?

私はそう思います。

ではまた明日。