くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

認知症について

おはようございます

 

熊野です

 

高齢化社会に伴い認知症の増加というものは切り離せない問題となっております。

 

少し前のデータになりますが2012年の段階で65歳以上の方は 3000万人そのうちの認知症の方は262万人いるとされています。

 

さらに軽度認知症(MCI)とされる方は400万人いるとされます。

 

 

実はこの軽度認知症は自分ではわからないことが多くこの時点で診断できる事が早期発見につながり認知症の進行を緩やかにする事ができます。

 

しかし現在の保険治療ではこの早期発見を行う診断ではなく今の医療の診断では確定診断を行うものになります。

 

MRIを撮り海馬の萎縮などを認めると認知症と診断されるのですがそれでは時すでにおそしとなります。

 

実はアメリカでは早期発見のためにMRIや、PET検査を行い早期発見を行います

 

認知症が疑われる年齢になり物忘れがあるなと思われるとメモリークリニックという機関に行きます。

 

そこで先程のPET検査の中でもアミロイドベータイメージというものを行い脳のアミロイドを測定し診断し早期発見を行います。

 

日本では整備が遅れているということもあり早期発見がどうしても遅れてしまいます。

 

その中でオススメは物忘れが出やすい年齢になった時には同時にガンチェックもした方が良いとされるので、全身のPET 検査を受けることをオススメします。

 

PET検査はガンの検査に用いられるのですがその検査では頭の方の検査も一緒にしておくことです。

 

医療機関によっては頭の検査も通常検査に含まれていないところが多いので希望を伝えて行ってもらって下さい。そこで認知症の早期発見を行うということです。

 

早期発見が皆様の生活において必ず役に立つと思っております。

 

それではまた明日