くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

花見

こんにちは 

 

熊野です。 

 

今日はお花見日和ですね!

 

ご家族でお花見に出られた方も多いのではないでしょうか?

 

なぜサクラだけお花見というのでしょうか?疑問になり少し調べてみました。

 

お花見は遥か昔奈良時代から行われていたそうで、実はその当時は梅の花を見ていたそうです。

 

当時の花見は厄払い的な要素を兼ねていたため今のような楽しいものではなかったそうです。

 

現在のようなサクラを見て花見をするようになったのは平安時代のようで貴族のイベントでした、それが鎌倉時代、室町時代になると武士の間でも行われるようになり現在まで当たるそうです。

 

ではなぜサクラなのでしょうか。

 

サクラの名前のクラには山や田の神という意味があるという説があります。

 

サクラの花が開花するという事は神が宿った証拠と言われるそうです。

 

もともと梅は遣唐使によって中国より伝わったものとされているので、遣唐使が廃止された時期から梅よりサクラに変わっていったと言われています。

 

この時期に短い期間しか咲かないサクラの花ですので、花見をしてゆっくり鑑賞したいものですね!

 

それではまた明日