くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

3ヶ月

おはようございます。

 

熊野です

 

今日の雨で桜も少し散ってしまいそうですね。

 

昨日は入寮について書かせて頂きましたが、今日は辛いことについての持論を書かせて頂こうと思います。

 

日々を送っていれば辛いことはたくさんあると思います。

 

当時入寮した時も本当に辛く、毎日地元に帰りたい、逃げ出したいと何度も何度も繰り返し思っておりました。

 

脱走計画も何度も立てたのを覚えています。

 

そんな辛い日々の繰り返しでしたが、3年間なんとか乗り越えることが出来たのはある考えをした事だと思っています。

 

まず辛い事があった時はこの1日をとりあえず乗り越えようと思っていました。

 

そしてその辛い事が続くのであれば1週間だけ頑張って見ようと思うようにしていました。

 

1週間頑張ってやめようかなど少し開き直ります。

 

そうすると気持ちが楽になり1週間が終わります。

 

その1週間を乗り越える事が出来れば、少し欲を出してもう1週間頑張ってみようと思います。

 

その積み重ねで1ヶ月が立ちます。

 

1ヶ月頑張る事が出来たのなら3ヶ月頑張ってみようかなと少し欲を出します。

 

そして3ヶ月が終わった日あることに気がつきます。

 

自分が辛いと思っていた事が自分の当たり前になっている事です。

 

あれほど憂鬱だった毎日が憂鬱でなくなっているのです。

 

3ヶ月頑張る事で元々の辛さが辛く無くなります。

 

石の上にも三年と言うような言葉がありますが、その3年を迎えるためにもまずは3ヶ月だけ辛い事も頑張ってみてはいかがでしょうか? 

 

それではまた明日。