くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

ドリームキラー

おはようございます。

 

熊野です

 

皆さんは夢を持っておられますか? 

 

プロスポーツ選手になる、有名な歌手になる、芸能人になる、大金持ちになる、世界一のパン屋を目指す。

 

たくさん夢を持たれている思います。

 

しかし、実現するかしないかは自分次第です。

 

より大きな夢を持つことは決して悪いことではありません。

 

人に笑われるぐらいの夢の方がちょうどいいと思います。

 

皆さんそれぞれ自分のゴールがあると思います。

 

それをコンフォートゾーンと呼びます。

 

そのコンフォートゾーンは高い方がいいのです。

 

しかしここで沢山の弊害が起きます。

 

人は自分よりも高いコンフォートゾーンの人のそばにいると居心地が悪く感じます。

 

これは本能で自分を守る為でもあります。

ホメオスタシスが働くのです。

 

 

そういった人はコンフォートゾーンが高い人に向かってそれは無理だよ、君にできるはずがないなどというような言葉を投げかけてきたりします。

 

相手を否定することで、自分のコンフォートゾーンを守る事をします。

 

そうする事で安心するのです。

 

この人達のことを自分にとってドリームキラーと呼びます。

 

コンフォートゾーンが高い人はこのような人達と同じ場所にいてはいけません。

 

今もしそのような場所にいるのなら一層のことそこから抜け出すことをお勧めします。

 

そこにいればいつまでたっても夢は叶えられないからです。

 

 

しかし実はこのドリームキラーは身近にいるのです。

 

学校の先生、親などです。

 

例えばこの高校に行きたいと言った場合、偏差値をみてあなたの偏差値では無理です。

 

プロ野球になりたいと言ったとき、君には無理だよと親は言う場合もあります。

 

このドリームキラーは実はあなたを守りたいから言う事が多いのです。

 

苦しい思いをして欲しくないと思い善意でそれを止めにかかります。

 

しかしそこも自分自身の人生ですので、聞く耳を持ってはいけません。

 

高いゴールに向かってがんばって行きさらに自分の夢を応援してくれるドリームサポーターを周りに置く事で、より大きな夢を叶えて下さい。

 

それではまた明日