くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

プロ野球の審判から考える

國見です。

 

 

 

プロ野球の世界で、笑えないような事が起きました。

 

なんと試合をコントロールするべき立場の審判がよそ見をして当該プレーを見ていないにも関わらず判定を下したというものです。

 

これは流石にいけませんね。

 

よく誤審などと騒がれますが、人間がやる以上、多少の人為的ミスは避ける事は出来ません。

 

その為にプロ野球だけではなく、近頃のスポーツ界ではカメラやコンピューターシステムを用いた判定確認が取り入れられています。

 

しかし、今回のはよそ見ですからね。 

 

人為的ミスでもなんでもありません。

 

言い換えれば、やる事をやっていなかったと言われても仕方ない訳です。

 

それも草野球などアマチュア野球ではなく、プロの世界での事ですから重大な事と言えるでしょうね。

 

試合後、中日ドラゴンズは日本プロ野球機構に意見書を提出、その後日本プロ野球機構は審判のよそ見を認める形となりました。

 

一つ良かったのは、親元である日本プロ野球機構が認めたという事。

 

組織としてはなかなか認めたくはないものですが、認めてはじめて改善できるわけだし、こうした点は評価できますね。

 

これをビジネスに置き換えれば、考えられるところもありますね。

 

どこにでもビジネスマンとして、成長するきっかけはありそうです。

 

ではまた明日。