くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

令和初

國見です。

 

今日は日曜日ではありませんが、令和初日で日本全体がお祝いモードですから、肩の力を抜いて、ゆるネタでいきましょう!

 

元号はついに平成から令和に変わりました。

 

日常は大きく変わらないとも、時代の流れとして記録される事も数多くありますね。

 

そのひとつがプロ野球の世界ですね。

 

そもそもプロ野球は記録がモノを言う世界ですが、こうした時代の節目の記録などはまた違った想いがあるでしょう。

 

今日も日本各地で6試合が行われました。

 

お昼間のデイゲームが4試合ありましたから、令和初の記録はもちろんその4試合で生まれましたね。

 

令和初勝利チーム、令和初敗北チーム、令和初勝利投手などと色々ありますが、中でも価値が高いのは令和初のホームランでしょう。1試合通じてホームランが出ない試合もあるし、ホームランバッターが年間で30本から40本打てればいい方ですから、ホームラン確率を考えてもそれだけ価値が高いのも頷けます。

 

そんな中、令和初のホームランを打ったのは、巨人の坂本 勇人選手。

 

試合後のインタビューにもありましたが「まさか自分が」と思っていたようですね。

 

ちなみに平成初のホームランを記録したのは現巨人の原 辰徳監督ですから、平成と令和で巨人の選手が初ホームランを記録した事になります。

 

坂本選手といえば、巨人不動のレギュラー選手だし、日本代表の常連選手ですね。

 

言うなればスター選手。

 

やはりスター選手がそうした所を持っていくのでしょう。笑

 

ちなみにホームランボールを取った観客の方は坂本選手の大ファンだったそうです。

 

羨ましいなー。笑

 

ではまた明日。