くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

スポーツ科学

おはようございます。

 

熊野です。

 

今さまざまなスポーツ分野で研究が進められており。沢山の理論が新しく発表されています。

 

野球で言えば少し前からフライボール革命という言葉があります。

 

これは速度98マイル(約158キロ)以上で、26~30度の角度で飛び出した打球は、安打になる確率が最も高いと言われます。実際、選手やボールの動きを記録・数値化する動作解析システム「スタットキャスト」がアメリカで導入された2015年以降に研究が進みこのような事が言われ出しています。

 

しかしこれは長打が増える反面、三振の数も激増、進塁打が減るなどといったマイナスの部分も浮き彫りになって来ています。

 

たしかに強く打つということは大切になりますが、このようなマイナスの側面も持ち合わせているという事を知っておく必要があると思います。

 

子供達の指導においてもいいと言われているから、という理由だけではなく、良い部分、悪い部分をしっかりと理解して指導に当たる事が大切です。

 

その上でその選手の特徴を見抜き、取り入れて行くことでその選手の可能性が広がると思っています。

 

これからはまだまだこのような新しい理論が生まれると思いますが、すぐに飛びついていい部分だけで見るのではなく、マイナスの部分をしっかり理解して指導に当たる事が必要だと思っております。

 

それではまた明日