くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

日焼け

こんにちは

 

熊野です。

 

昨日は熱中症について書きましたが今日は日焼けについてです。

 

日焼けとは太陽の紫外線により皮膚が赤くなるサンバーン(sunburn)と、その後黒くなるサンタン(suntan)の2つを合わせて日焼けといいます。日焼けが、紫外線によってもたらされるものになります。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bがあります。

 

UV-A はサンタンを起こしUV-Bはサンバーンを起こします。

 

また日焼けとはヤケドの一種です、急性日光皮膚炎とも言い、皮膚細胞のDNAが傷つけられ皮膚ガンの原因、シミそばかす、肌の老化の原因にもなってしまいます。

 

だからといって日焼けをしないために一切外に出ないというのはできませんので、まずは予防、そしてアフターケアをしっかりとすることが大切です。

 

 

まずは予防ですが日焼け止めです。

 

 日焼け止めには紫外線防止剤が配合されています。紫外線防止剤は、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2つに分かれ、それらが組み合わされています。

 

UV-Bを防ぐ指標であるSPFと、UV-Aを防ぐ指標であるPAというものがあります。

 

購入する際には是非参考にしてみて下さい。

 

日焼け止め以外にも日陰を効率よく利用し、日影がない場合は日傘や帽子をかぶりましょう。目を守るためにもサングラスをかけることも良い対策です。

 

そして、日焼けになってしまった場合は濡れタオルや、冷水で火照りを抑え、非ステロイド性消炎鎮痛剤が配合された軟膏やアロエが配合されたケア商品を使用することをオススメします。

 

さらに化粧水や乳液などでしっかりと保湿してあげてください。

 

これからますます日差しが強くなるので、熱中症と合わせて日焼けにも十分注意してして下さい!

 

それではまた明日。