くまジム くま整骨院
お知らせ・新着情報

成長した姿は嬉しい

國見です。


今日は内輪ネタを少しばかり。

今日はくま整骨院・くまジムの週次会議日であったこともあり、店舗へ足を運びました。

週次会議は店舗の様子を伺えたり営業施策の確認をするだけだけなく、熊野さんの仕事人としての成長を一番実感できる時間ですから毎週楽しみにしています。

それだけではなく、熊野さんにとっても一番成長する時間が週次会議であると思いますからその重要度は計り知れません。

近頃の驚きといえば、今年度にはいってからは3時間以上の会議を平気で行うようになったことでしょうか。

当たり前ですが、これはただ時間を過ごすという意味合いではないので誤解のないように。

私が長年勤務していた総合型やジムスタジオ型店舗に比べて、会議資料の数も少なく確認項目も少ない小型店舗の会議にも関わらず、初年度の昨年は会議のペースについて来る事で必死だったように私には映っていたし、営業施策の話をしていても話が止まってしまい会議の中断も多いものでした。(総合型やジムスタジオ型は会議資料の数も多く、PL表の項目も小型店舗とは比べものにならない)

自社内の会議だからいいけれど、他社の方などには到底見せられるものではなかったと認識しています。

しかしわずか1年間でここまでの力をつけれたのは紛れもなく、熊野さんの力と言えますね。

昨日のブログにも記しましたが、これはたゆまぬ準備と努力の結果ですし、会議に向かう姿勢が変化した事が一番の要因でしょう。

ただ会議とは言え、そのわずか3時間強の時間が店舗運営の中枢を担っている訳ですから疎かにはできません。そうなるとそこに参加する者としてふさわしい姿勢があるのは容易に想像できるし熊野さんがそのふさわしい姿勢に少しずつ近づいているのは間違いありません。

こうした姿を見れるのは、純粋に嬉しい限りだし、私自身のモチベーションにもなりますね。

熊野さんは自身のブログにも記していた1万時間理論で約5年をかけて、エキスパートになると今日も言っていましたので、それをしっかりとサポートできるように私も負けじと頑張りたいと思います。

ではまた明日。