くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

地域貢献活動

こんにちは

 

熊野です。

 

今日は日曜日ということもあり、店舗外での活動をしました。

 

休みのにしかできない事って沢山ありますよね。

 

日頃はなかなか外に出ての取り組みは出来ないわけですから、日常業務がない日の行動というのはとても大切になってくると思います。

 

たまにの休みの日は昼まで寝てやるぞ!

 

日頃出来ないパチンコに行ってやるぞ!

 

趣味に没頭してやるぞ!  

 

など沢山あると思いますが、たまにしかない休みだからそこ、なにかを得たいと思っています。

 

もちろん休みだからリフレッシュすることも大切なのかもしれませんが、同じ1日を有意義に過ごせたほうがいいですね。

 

唯一神様が人間に平等に与えたものは時間ですから、その時間をどう使うかは自分次第です。

 

そんな中、今日は午前中にくまジムがある富田林の小学校の運動会に何か地域に貢献できる事はないかという事で、救護のボランティアに行ってきました。

 

実はくまジムに来てくれている子供達もいるので、ジム内では見ない姿を観れる事を密かに楽しみでした

 

個人的に嬉しかった事は、ジムに来てくれている子供達が全員徒競走の種目で1位を取ったという事です。

 

さらに横から私を呼ぶ声が聞こえて振り向くとわざわざ私のところへ来てくれて1位の報告に来てくれました。

 

これは嬉しかったですね。

 

さらに初めて会う子供達ともコミュニケーションがとれて充実した救護のボランティアでした。

 

幸い大きなケガはなく、私の活躍する場面は大きくありませんでしたが、テーピングを巻いた生徒からこれを貼ったから組体操を頑張る事が出来たなど言ってもらえました。

 

そのような声をもらえるのは、この仕事をやっていて良かったなと思える瞬間でした。

 

沢山の子供達の演技や競技を見て逆にこちらがパワーを貰えたように感じます。

 

しかし時間は限られていますので、やるべき事を疎かにしてはいけません。

 

残りの時間をさらにどう使うかによって成長があるわけですので、余韻に浸りすぎずに次のやるべき事をやる事が大切です。

 

立ち止まる事は成長を止めると思いますので、時間を有意義に過ごす事を心がけなければいけないと思っております。

 

皆さんは休みの日どう過ごされていますか?

 

これはやると決めて有意義な休みを過ごしてみて下さい。

それではまた明日。