くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

こんな時どうする? 熱が出た時の対処

こんにちは

 

熊野です

 


季節の変わり目や、急激な暑さから、冷房の効いたお部屋ですごく日が多くなってきました。
体調を崩している方もいるのではないでしょうか?

 

今日は熱が出 るメカニズムや、熱が出た時の対処法について、書いてみます。


熱が出るというのは、身体の中に侵入した、外敵と戦っているからなんです。

 


ウイルスや細菌に感染すると、体内に入り込んだ病原体が増殖するので、それを抑えるために、体を防御するためにその防衛反応として発熱します。

 

その際、安易に解熱剤を使用して熱を下げようとすると、ウイルスや細菌を助けることになって、逆に完治するために時間がかかってしまう場合があります。

 

解熱剤とは風邪などの症状を治す薬ではなく、熱を下げる薬、熱に伴う苦痛を取り除くための薬だということです。

 

体が病気から身を守ろうとがんばっている状態が発熱ですので、多少の熱があっても元気がある時は解熱剤を使う必要はありません。

 

無理やり解熱剤で熱を下げるよりも、「発汗」により自然に熱が下がることを待つことも大事です。

 

解熱剤は熱が上がり切ってから、どのくらい熱がでたかみてから、または、あまりにもしんどい場合など、内服すると良いでしょう。

 

(よく、病院で解熱剤を処方された場合38.0度38.5度以上で内服など、割と高めの数値が記載されていると思います)

 

熱が出たときの、解熱剤を使わない対処法はどうしたらいいでしょうか?


基本的には、汗をかくことで、熱は1℃くらい下がります。葛根湯(かっこんとう)は、くずの根、生姜、ニッキなどがふくまれており、身体を温め、発熱や風邪を治すと良いでしょう。

 

 

生姜紅茶や、生姜湯、または熱いみそ汁に、「ネギ」「生姜」刻んで入れて、飲む。発熱は水分が失われるので、ミネラルドリンクをこまめに摂取しましょう。特に、「嘔吐」「下痢」のある場合は、ちびりちびり飲む。

 

また、発熱時は、胃の機能が低下しているので、無理に食事をすると、消化不良をおこしやすい。特に、脂質の多い食物は避ける。

 

「おかゆ」「みそ汁」「熱いうどん」など、温かい食事を、良く噛んで、少なめに食べて下さい。

 

身体をいたわり、身体のSOSサインを見逃さないでくださいね。

 

それではまた明日