くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

明日使える豆知識 フォグランプ

こんにちは

 

熊野です

 

今日は明日使える豆知識ということで車の豆知識です。

なぜ車と思われるかとおもわれるかもしれませんが不思議に思ったことは調べて知っておくことも大切だと思います。

 

さて車を安全に走行するうえで、ライトは正しく使うことが大切です。みなさんは、夜間運転しているとき、相手のランプが眩しいと思うことはありませんか?

ライトにはいくつか種類があります。その中でもフォグランプをご存知でしょうか?

 


私は先日すごく眩しくフォグランプで照らされ、不快な思いをしました。しかし、周りを見ていると、フォグランプが、着いている車が多くあったので、調べてみました。 

 

フォグランプは霧などで視界が特に悪い際に利用するもので、頻繁に使うものではありません。そのため「装備されているけれど一度も使ったことがない」という方も多いのです。

 

また、ヘッドライトを点けずにスモールライトとフォグランプだけで走行する、といった誤った使い方をしてしまっている場合もあるのではないでしょうか。

 

安全走行のために周囲へ自分の車の存在を知らせるという意味をもつライトです。
霧などにより特に視界が悪い状態で使用するランプ。ヘッドライトより下に取り付けられており、路面を照らす。車種やグレードによっては装備されていないことがあります。

フォグランプ(fog lamp)は、fog(=霧)という名前の通り、霧が発生したときの使用を前提として設計・製作されています。

 

霧が発生すると空気中には水滴が浮遊している状態です。

 

焦点を定めず、空気中の水滴を反射しないように照らすのがフォグランプです。「ヘッドライトで十分なのでは」と思われるかもしれませんが、焦点を定めて照らすヘッドライトとはその効果が異なるのです。

 

ヘッドライトは、前方の視界を確保するもので
フォグランプは、足元、下方向を広く照らします。
濃い霧の中でヘッドライトを使うと、目の前が真っ白になり、周囲が見えなくなってしまいます。正面前方を照らすヘッドライトだと、ヘッドライトの灯りが、小さな水の粒として浮遊している霧にぶつかって「乱反射」を起こしてしまうためです。

 

焦点を遠くに合わせようとすればするほど乱反射する光の量は増え、視界が極端に悪くなってしまいます。 

 

一方、フォグランプはヘッドライトと照らす位置が異なり、足元、下方向をワイドに照らすよう設計されています。

 

そのため、霧の中でも乱反射が起きづらくなっているので視認性を確保できます。特に濃霧や豪雨の中を運転する際にフォグランプが役立ちます。

 

とこんな具合です。

 

知らないことがわかると少しスッキリしますね!

 

それではまた明日。