くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

こんな時どうする 違和感

こんにちは

 

熊野です。

 

台風の接近に伴い少しずつ天気も悪くなってきました、皆さんも十分にお気をつけてください。

 

さて、スポーツをしていると身体のどこかに違和感を感じる事はあると思います。

 

野球であれば肩や肘が代表的ですね。

 

そんな時どうすればいいのかと言いますと勇気を持って監督やコーチの方に打ち明けて下さい。

 

これを言ってしまえばレギュラーから外される、メンバーから外されるという不安もあるかもしれませんが、その違和感がのちに大きな怪我となりプレーができなくなる可能性があります。

 

もちろん私も現役の時はなかなか言い出せずにいたこともありますが、痛めてからでは遅いという事を学び、相談という部分で監督やコーチの方に話はするようにしていました。

 

何度も言いますが、怪我をしてからでは遅いのです。

 

我慢して続けておりそれがひどい怪我に繋がってしまうと、長期離脱も止む終えません。

 

そうなってしまうと何ヶ月とリハビリに費やすことになります。

 

またこれは残酷な言い方かもしれませんが、違和感や痛みを我慢してプレーを続けその痛みによりエラーをしてしまい、試合に負けてしまう等があれば、チームメイトにも迷惑をかけることになります。

 

そうならないためにも違和感を感じた時点で、相談をする事は大切なように感じます。

 

また指導者の皆さんも違和感があると言ってきた選手に対して、根性がないなどと言わないようにして下さい。

 

監督やコーチに、打ち明けるだけでも勇気がいる事なのです。

 

このような環境が選手を守るようになると思いますし、怪我を減らして行く事が出来ると思っています。

 

それではまた明日