くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

会社の存続率

こんばんは

 

熊野です

世の中には沢山の会社がありますが、実際存続しているのはどれくらいなのだろうと思い調べてみました。

 

実は会社設立から5年以上続く確率は、15%。なんと、30年以上続く確率は、0.021%だそうです。

これでは100社あったら、0社しか生き残っていない計算になります。

0.021ですからね。

 

この結果には驚きました。

 

ちなみに世界最古の起業は『金剛組』だそうで。578年創業で、最初のクライアントが聖徳太子というからスゴイですよね。

四天王寺建立のために作られた会社だそうです。

 

これだけ存続率が低い世の中でどうするべきかと考えたのですが、0.021の確率であろうと、お客さんに喜んでもらう事を追求して行く事がこの0.021を高める事になるような気がします。

 

ただお金儲けをしたいという考えだけでは存続は厳しいような気がします。

 

大きなことは出来ないかもしれませんが、手の届く人の幸せや健康は努力次第で出来ると思います。

 

そこを忘れてしまっては存続はないと思います。 

 

皆さんはどう思いますか?

 

それではまた明日