くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

歩く

こんばんは


熊野です。

 

みなさん、車や、あらゆる交通手段のある便利な世の中です。
1日で約何分〜何時間ほど、歩いていますか?今日は、歩くことによって良いことが沢山あります。

 

(私も、車や時々電車で通勤や、移動していて、意識してなかなか歩けていません)

 

歩きなさいと、お医者さんに言われたけど、何がどう良いのかわからない方って、多いのではないでしょうか?

 

まずは、
・循環器系成人病の予防ができる
循環器系がよくない方は、歩くことによって、血圧が下がりやすくなります。

 

・心肺の機能が向上します
歩くことで酸素を大量に取り入れることができ、心肺機能を向上することができます

 

・糖尿病を予防できます
有酸素運動は、血中のブドウ糖を消費して、血糖値を下げる効果があります。糖尿病の人は医師からよく歩くように言われると思いますが、このことなのですね。

 

・悪玉コレステロールを減少させる
歩くことで、身体に悪影響である悪玉コレステロールを減らすことができます

 

・骨を丈夫にします
歩くことで骨に負荷をかけ、骨は太くなろうとします。そのため骨粗鬆症の予防になります。

 

・ストレス解消に繋がります
歩くことで脳内にセロトニンが分泌されます。これは、精神を安定させるホルモンです。

 

・脳に刺激を与えます
歩くことは、脳へ酸素を運び脳へ刺激を与えます。

 

そしてもちろん、ダイエットの効果があります。これらの内容から分かるように、歩くことで身体の循環をよくし、更に脂肪を燃焼させる。また、精神を安定させるため、暴飲暴食に、走りにくいです。

 

歩くことは、とても身体にいいです。涼しくなってきたこの季節だからこそ、少し時間があるとき、いつもより、多く歩く時間を設けてみてはいかがですか?

 

それではまた明日