くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

ハロウィン

こんばんは。熊野です。

 

今日はハロウィンです。
ハロウィンとは、今日本では仮装で定着していますね。本来の意味はどんなものだったでしょうか?

ハロウインの日は10月31日~11月2日で、本場アメリカでは一ヶ月以上前からカボチャを飾ったりしています。

 

ハロウィンとは、カトリック教会の祝日のひとつで、キリスト教の万聖節という日の前夜に行われるお祭りのことです。

 

万聖節は11月1日で、諸聖人の日とも呼ばれ、聖人と殉教者の魂を記念する日とされていて、亡くなった人の魂を祭る行事の、前夜祭的な意味となります。


一見日本のお盆と似ていますが、日本のお盆と違う点は、その霊と一緒に悪霊や魔女も一緒について来て、災いを起こすと信じられていたことです。そのため、悪霊に子どもたちをさらわれたり、作物や家畜に害を与え、現世の人間たちに悪いことをしないように、悪霊達を追い払うために魔除けの焚き木を焚き、魔物の仮面を被ることを思いつき、今の仮想に繋がっています。

 

本場のハロウィンでは、同じ悪霊だと思わせ、子どもをさらわれるのを避けるためかぼちゃをお化けにしたり、子供たちも自ら魔物の格好をすることで悪霊たちから身を守ったといわれています。

 

今となっては仮装イコールハロウィンになっていますが、怖い格好をするのが、ハロウィンらしいということですね。

 

色々な文化がありますが、知っていくと興味深いものがありますね。

それではまた明日。