くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

鳥居

こんばんは。
熊野です。

 

先日平安神宮に行ったことを書きましたが、平安神宮に行ったのは、以前、大きな鳥居のある神社に行ったことから、大きな鳥居のある神社を巡ってみようとなり、平安神宮を選び参拝しました。

 

鳥居とは、何なのか深い意味を知らなかったので、調べてみました。

 

鳥居があるところは、神社のことです。また神社の神聖さを象徴する建造物のことだそうです。
鳥居は神社の内と外を分ける境に立てられていて、鳥居の内は神様がいる御神域として尊ばれています。

 

また、特定の神殿がなくても、山など自然物を御神体、または依代よりしろとしてお祀りしている神社の中には、その前に鳥居が立てられ、神様の御存在を現すものとして重視されているそうです。
私の家の近所にも木を祀っている場所があり、鳥居があります。なるほどな、と思いました。

 

神様の入り口という認識はあったのですが、更に一礼をする意味がわかりました。皆さんも、神社に行く機会があったら一度、鳥居の前で一礼をしてから、参拝してみてください。

 

それではまた明日。