くまジム くま整骨院
熊野 利紀のKuma's conditioning diary

東洋医学

おはようございます。今家です。 今日は東洋医学について少しお話しようと思います。 よくお医者さん方に言われる事「エビデンス」=科学的な根拠がないと言われます。 確かに言われる事はわかります。ただ、ただです、医療的な歴史は東洋医学の方が古いですよ?? 何を意味するかと言うと、ここ何百年の西洋医学より負けない統計は取れていると思います。 では何故差があるのでしょうか?? 考えた末に自分なりの答えですが、、、 例えばお医者さんにかかった際、症状、検査により「診断」がおり、お薬が出ますよね? その中で薬が効かない、症状が変わらない、副作用があるといった別の症状が出たり、そもそも一生飲まないとダメなのか?と言う薬もあったりします。 数値などは一緒でも身体は違いませんか? 体格、生活環境、食事環境など、一緒ではありません、、 結果論、数値として現れてそこに対処するのが西洋医学にたいして、何故この症状が出たのかを追及している様に思います。 診断されると聞いたこともない専門用語が出てきて困りませんか? 当院では腹診と言いお腹に出る反応でお身体の乱れを見ています。 そこから見て行きますと現在ある症状は何処が乱れている為引き起こされているのかが見えてきます。 十人十色本当に原因が違います。 昔はお医者さんも触診がメインだったそうです。 身体はもの凄く繊細であり、精密に出来ています。 どうしても変化が見られない方は1度東洋医学を味わってみませんか?